• ホーム
  • みんなの写真
  • 自分のアルバム
  • 年表&地図
  • 動画

浅野総一郎夫妻、総持寺に眠る2006年4月30日

関連しそうな写真

浅野学園校庭と浅野総一郎の銅像

浅野学園校庭と浅野総一郎の銅像

Copyright All rights reserved

佐久発電所(群馬県勢多郡)

佐久発電所(群馬県勢多郡)

Copyright All rights reserved

浅野総一郎が養子に行った庄屋の絵図

浅野総一郎が養子に行った庄屋の絵図

Copyright All rights reserved

その他の写真

横浜博覧会(YES’89)会場風景

横浜博覧会(YES’89)会場風景

Copyright All rights reserved

元町健民少年団 キャンプ訓練

元町健民少年団 キャンプ訓練

Copyright All rights reserved

居留地風景~山手本通り~

居留地風景~山手本通り~

表示非営利継承 Some rights reserved

Copyright All rights reserved

場所:横浜市鶴見区

「九転十起の男~浅野総一郎」
総一郎は、昭和5(1930)年5月、83歳の高齢をものともせず浅野セメント社長として欧州、南米の視察旅行に出発するが、途中ドイツで病に倒れ8月に帰国。11月に大磯の別邸で永眠した。その墓は妻サクとともに、鶴見区の総持寺にある。総持寺は元々総一郎の石川県能登にあったが、火災で焼失し明治40年に現在の鶴見に移された。総一郎はそのとき15万坪を寄付するなど深い縁がある。(協力:新田純子さん)

横浜市民メディア連絡会さん

投稿者:横浜市民メディア連絡会さん
(横浜市民メディア連絡会さんのアルバムを見る)

不適切な写真を報告

blog comments powered by Disqus