• ホーム
  • みんなの写真
  • 自分のアルバム
  • 年表&地図
  • 動画

総一郎、山歩き姿1922年頃

関連しそうな写真

浅野学園構内銅像山での浅野総一郎の銅像建立式

浅野学園構内銅像山での浅野総一郎の銅像建立式

Copyright All rights reserved

浅野セメント川崎工場

浅野セメント川崎工場

Copyright All rights reserved

浅野総合中学校校舎全景

浅野総合中学校校舎全景

Copyright All rights reserved

その他の写真

鶴見町役場

鶴見町役場

Copyright All rights reserved

出港風景

出港風景

表示 Some rights reserved

横浜博覧会(YES’89)会場風景

横浜博覧会(YES’89)会場風景

Copyright All rights reserved

Copyright All rights reserved

場所:

「九転十起の男~浅野総一郎」
総一郎は1848(嘉永元)年、富山県氷見郡薮田村(現在の氷見市)の村医者の長男として誕生。24歳で上京し、水売りの商売から始め、石炭やセメント事業で成功。その後海運、造船、炭鉱、製鉄などの事業も手掛け、一代で浅野財閥を築き、「京浜工業地帯の父」「セメント王」と呼ばれた。常に計画中の設計図を片手に全国各地を飛び回っていた。横浜とのゆかりは、横浜市営ガス局で処分に困っていたコークスの燃料化、コールタールはコレラの消毒薬として再利用することに成功。また西洋式公衆便所を63カ所に設置したことも大きな功績である。(協力:新田純子さん)

横浜市民メディア連絡会さん

投稿者:横浜市民メディア連絡会さん
(横浜市民メディア連絡会さんのアルバムを見る)

不適切な写真を報告

blog comments powered by Disqus