• ホーム
  • みんなの写真
  • 自分のアルバム
  • 年表&地図
  • 動画

横浜プリンスホテル遠景2006年6月16日

その他の写真

平成17年度区民まつり

平成17年度区民まつり

表示非営利改変禁止 Some rights reserved

新山下、本牧埠頭、横浜ベイブリッジ

新山下、本牧埠頭、横浜ベイブリッジ

Copyright All rights reserved

新山下、ベイブリッジを望む

新山下、ベイブリッジを望む

Copyright All rights reserved

YOKOHAMA Refresh!! G22 海の公園クリーンアップ 花火大会入口

YOKOHAMA Refresh!! G22 海の公園クリーンアップ 花火大会入口

Copyright All rights reserved

昭和30年頃の永野小学校の全景写真

昭和30年頃の永野小学校の全景写真

Copyright All rights reserved

栄区の形

栄区の形

表示非営利改変禁止 Some rights reserved

横浜プリンスホテル遠景

表示非営利改変禁止 Some rights reserved

場所:横浜市磯子区

1954年10月1日、
東伏見宮別邸を
西武鉄道が買収し
磯子の丘で開業した
横浜プリンスホテルが
2006年6月30日で
営業を終了する。
そして、跡地には、
2000戸規模の
高級マンションが
建設されるという。
私の実家は、
ちょうど
このホテルが建つ丘の
向かい側の丘の上
(京急屏風ヶ浦駅の裏山)にあり
幼い頃から
東伏見宮磯子別邸を
眺めて育ち、
'90年に現在の壮大な建物が
現れた時には、驚きと共に
ちょっと自慢気になった。
客室数441、
宴会場数31は、
当時、
神奈川県内のホテルでは、
最大規模。
駅から近く、
東京湾を行きかう船を
見下ろせる立地や
リゾートホテルのやすらぎと
シティーホテルの機能を
持ち合わせた異空間は、
人気があり
大晦日の夜などは、
全室の明かりが
灯された様子が
実家から見られた。
しかしその後、
横浜みなとみらい地区や
横浜駅前に
大規模高級ホテルが
次々に出来ると
実家から見える
ホテルの部屋の明かりも
年々少なくなっていき
ついに150億円という
売却価格で
野村證券系の投融資会社に
渡されることになってしまった。

そふと ましーんさん

投稿者:そふと ましーんさん
(そふと ましーんさんのアルバムを見る)

不適切な写真を報告

blog comments powered by Disqus