• ホーム
  • みんなの写真
  • 自分のアルバム
  • 年表&地図
  • 動画

横浜を愛した建築家 - 咲壽 栄一(さくじゅ えいいち) -

ここに数点の設計図がある。開港記念横濱會館(現:横浜開港記念会館)の設計コンペへのこの応募作品は、当時若手の建築家として、数々の建築設計に優れた才能を見せていた、咲壽栄一の力作である。開港記念横濱會館は、市民や銀行、企業などからの寄付により建築資金を集める計画であったが、開港50年祭の明治42年7月に地鎮祭を行うも、資金不足により着工は遅れていた。その後大正2年2月に、神奈川県下では初めて懸賞募集(コンペ)により設計が公募されたもので、当時懸賞金は一等2000円、二等1000円、三等700円であった。一等には東京市技師の福田重三が当選し、残念ながら栄一の作品は選に漏れた。そしてこのコンペの翌年の大正3年3月、建築家として脂の乗った、まさにこれからという時に、栄一は病に倒れ帰らぬ人となった。享年わずか30歳。家族はもとより多くの友人たちがその死を悼んだ。



咲壽栄一は、明治18(1884)年4月8日、横浜電気株式会社常務取締役であった上野吉二郎の長男として東京の京橋で生まれた。日本橋区槍物町千葉小学校へ入学するが、尋常科第四年級の明治27年に横浜市吉田小学校へ転校。その後神奈川県立第一中学校へ入学、京都市第三高等学校を経て、東京帝国大学工科大学建築学科に進む。同期には、建築家・能楽研究家として知られ、東京・染井の「染井能舞台」の設計に携わった(のちに横浜能楽堂の本舞台として復原)山崎清太郎、豊多摩監獄(中野刑務所)などの作品がある後藤慶二、横浜銀行協会、国会議事堂の建設に携わった大熊喜邦らがいる。
栄一は卒業後大蔵省臨時建築部に入り、のちに大蔵技師となった。門司税関庁舎、徳島、北條、武雄、四日市、横須賀、福島等の各税務署庁舎、大正博覧会の浅沼商会特設館などに携わり、中でも大きな作品が、大阪中之島公会堂(三等に当選、2000円の賞金)と前述の開港記念横濱會館であった。大蔵省臨時建築部が設計にあたった横浜税関陸上設備鳥瞰図も、栄一の手による。住宅では、浜口雄幸邸の洋館客室をはじめ、父である上野の根岸邸の洋館増設にその才能が発揮されている。また、江ノ島山上に建てられた、曽根西湖氏の記念塔もその作品である。




建築に非凡な才能を開花させた栄一はまた、趣味人でもあった。特に俳句は高校に入学する直前の明治36年夏から始めたもので、俳号は「織草」、のちに「一樹」と改め、さらに高校卒業後入学試験準備のため、本牧に借りていた住まいの庭に咲く卯花(ウツギの花)を好み、その後は「卯木屋」と称していた。生涯に詠んだ句はおよそ3万句あまり、その才能は京都・東本願寺第23代法主で俳人としても著名な大谷光演(俳号「句佛」)に認められたという。



その彼を病魔が襲った。「今度の彼の病の危篤を聞いて赤十字病院へ駆けつけた時、私が彼について知る三度目の病顔を見たのである。そして最も甚だしい、最も悲しむべきこの病顔を、再び美はしい以前に返す事無しに彼は去った。この三度の病顔の外に私は彼をほとんど絶対的強壮者と遇し、いかなるときにもその活発々地の健康を信じていた。誰も彼の死を疑い、誰も彼の死に驚き、誰も彼の死を悲しむのは、この公認ある故に一層その度が強いのであると思う。大学の同期卒業生十六人の中。彼は唯独り徴兵に応じ得る体格の持ち主であった。」(「故 咲壽栄一君の事」、山崎静太郎)

夫人と幼き長男を残し、わずか1カ月余の入院生活ののち、栄一は粟粒結核によりその生涯を閉じた。彼の死後、山崎を中心に東京帝国大学工科大学建築学科の同期生らが遺稿集「卯木集」を取りまとめた。装丁は後藤慶二の手による。以前から栄一は、後藤に油絵を依頼しており、病床にあって笑顔でそれを催促した。翌日、後藤は油絵を掲げて見舞いに訪れた。約束の画を描き上げる時間はなかったが、それはかつてほしがっていた赤い木蓮の花を描いた画である。そしてこの美しい絵が、栄一が物を物としてみた最終であった。
横浜を愛した建築家、咲壽栄一は横浜市根岸の西有寺墓地に埋葬された。

追記:今回の特集記事執筆のきっかけを与えてくださったのは、横浜クラシック家具の専門店、株式会社ダニエルの高橋保一社長である。「関東大震災、横浜大空襲で写真はすべて焼失してしまったが、この本は大切に保管しています」と見せていただいたのが『卯木集』である。栄一の父、上野吉二郎は高橋家から妻を娶り、また栄一自身は母方の祖母の姓である咲壽を名乗ったという。彼のあふれる才は、いまもなお洋家具の伝統と技術を伝承するダニエルに引き継がれている。


(執筆:島津千登世)


<参考文献>
『卯木集』、山崎静太郎ほか、大正4年
『上野吉次郎伝』、上野吉二郎君伝記編纂会、昭和8年
「故咲壽栄一君の事」、山崎静太郎、『建築雑誌第328号』 、大正3年
「故正員工学士咲壽栄一君小伝」、大熊喜邦、『建築雑誌第327号』、大正3年
「DAIEL STORY 横浜洋家具物語」、株式会社ダニエル
『横浜・都市と建築の100年』、横浜市建築局、1989年


横浜市民メディア連絡会さんのアルバム


その他の記事

よみがえる昭和 港・まち・くらし - NPO法人設立へ向けたシンポジウムを開催

「横浜歴史研究会」を研究する-在野歴史研究家たちの想い

野毛にちぐさがあった!

過去の記事を見る